今日Amazonから届いたもの

理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

ブログを書こうとして自分がまだ何も知らないということを知った

アイデンティティー」がない

アーイデンティティーがーなああいあーあい 生まーれーなーい、ララララ〜♪

ラ〜⋯⋯。

皆さんこんにちは。頭巾です。

PVを多く稼ぐことのできるブログ運営方法は、先人たちが主張する様々な意見をまとめると次の2つに分類される様です。

  1. とにかく記事を量産し続ける(質より量)

  2. 長いスパンで多くの検索流入が見込める記事の作成に全力を注ぐ(量より質)

結局「ブログ運営」などといって事を大袈裟に扱おうとしたところで、ブログで実行できることは「記事の更新」に集約されます。

なのでその「記事」をどのように作成するかでブログの認知度や価値が決まることは当然ですね。

「質より量」をとるか、「量より質」をとるか。

個人的な考えを先に述べておくと、僕は「量より質」派です。

今までに作成した記事が「質より量」的であることはさておき、コンテンツが溢れかえっているネット上に個人が作成した記事を流すわけですから、情報の濁流の中で価値を持つ「質重視」の記事を更新した方が賢いと思います。

しかし「量より質」の立場をとるためにはある条件が必要になります。

それは「質の高い記事、価値のある記事を作成できるだけの知識・能力を備えているか」ということですね。

今回の記事では今までのことを考えた結果、自分にはその条件を満たすことができるような価値がなかった、詰まる所「他者とは違う個としての自分」を表現できない「アイデンティティー」が欠けている自分自身を見つけてしまったことを内省の意味を込めて文章でまとめました。

事の発端

元々「量より質」で記事を更新した方が良いと考えていた僕は、どういった記事が「はてな」において価値をもつのかを知るためはてなブログ人気エントリーを確認していました。

どれも人気を得るに相応しい価値のある記事ばかりでしたが、その中でも特に印象に残った記事が次の2つです。

www.omg-ox.org

www.ogura.blog

まず上の記事についてですが、正に「量より質」の見本と言えるような内容ですね。

OMGmagは月に数記事の更新しかしていないにも関わらず、群を抜いたアクセス数を記録しています。

質の高い記事を更新することはセルフブランディングに繋がり、結果として固定読者の獲得を促します。

「長いスパンで考えるなら、更新頻度が低くなっても質の高い記事のみを作成すべき」という考えがより一層強まりました。

下の記事も上とは違った視点から「記事数とPV数が比例するわけではない」という結論が印象付けられます。

今まで僕はこのブログを2日に1本、所要時間1時間で記事の更新をしていました。

PV数は右肩上がりですが当然記事の価値に見合うだけの数字なので、今後を考えもっと時間を掛けて記事の作成をしようと考えたわけですね。

「質の高い」記事を書こうとして自分と向き合った

僕は地方の国立大学で物理学の勉強をしています。

なので色々な物理分野の基礎知識でもまとめて記事にしようかな、と思ったのですが結局それが「価値」のある記事とは思えませんでした。

分かりやすく定理や概念を説明した所で、その教え方は自分が教わった際の手法と同じなんですね。

そもそも自分以上に上手な教え方をする人がネット上には沢山いるので、得意分野の記事もありふれた「質の高い」記事になりそうにはありません。

いやはやどうしたものかな…と考えていましたが、そもそもの原因は「知識と経験の不足」にあるのだろうなぁと思いました。

ごく僅かの教養と、経験に基づいていない薄い知識と経験に基づいたごく僅かな知識では当然「アイデンティティー」も何も無いわけです。

ここまで考えた結論

以上のことを考えていてブログの更新も滞っていた訳ですけど、今日改めて考えてみるとどうも落ち込み過ぎなようにも思えてきました。

いや結局どうなんですかね?

結構前から思ってることなんですけど、堂々と間違っている情報を発信できる人っていますよね。

ネットはそういった情報のたまり場とも言えますが、現実世界にもそういった厚顔無恥な行動に出ることが出来る人はいます。

そういう人達を見ていると「どうして客観的におかしいと思えないんだろう?」と考える訳ですが、一方でその視野の狭さが羨ましくもなりますね。

「憎まれっ子世にはばかる」という言葉を思い出すと、"世にはばかる"必要条件には意図するかしないかは別として"視野を狭く"することが含まれいるのではないかとも思えます。

……なんだか自分でも何を言いたいのか分からなくなってきました。

PVが欲しいばかりに色々考えた結果自分の無知を痛感して更新が滞るなんて、ブログを始めるまで考えもしませんでした。

これはこれで己を省みるいいきっかけになりましたね。

また明日になったら「なんて記事を更新してしまったんだ…削除しよ」と思うのかもしれませんが、自省の意を込めてとりあえずこの「質の低い」記事をネットの海に流しておこうと思います。

以上、「ブログを書こうとして自分がまだ何も知らないということを知った」でした。