今日Amazonから届いたもの

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日Amazonから届いたもの

Amazonで買った商品を紹介しています。紹介しなかったりもします。

『駅名キーホルダー』を販売している「赤い電車」のイメージキャラクターが可愛い

 f:id:gqp:20170414094212p:plain

ある日突然現れた『駅名キーホルダー』

 

いつも通り何気なくAmazonを開いたところ、トップページに表示される「オススメ商品」一覧にあまり馴染みのない商品が表示されていました。

 

f:id:gqp:20170414091817p:plain

 

Amazonで鉄道関連のキーワード検索をしたことはないし、そもそもあまり鉄道に興味のない記事作成者に突然表示されたこの『駅名キーホルダー(鉄道キーホルダー)』...。

この商品画像を偶然見かけるまでこういった鉄道グッズが販売されていることすら知りませんでしたが、上の画像を見るだけでも様々な鉄道会社の駅がキーホルダー化されていることが分かります。

ちなみに記事作成者は愛知県出身なのですが、愛知県を代表する鉄道会社「名古屋鉄道名鉄)」のキーホルダーがトップに表示されているのが少し不気味です。

もしかしたらAmazonに登録している住所に沿ってオススメしてきたのかな...それにしても何故突然駅名キーホルダーを...と思いながらもついつい気になってしまい、とりあえず「名鉄」の駅名キーホルダー一覧を確認してみました。

 

名鉄」だけでも278もの「駅名キーホルダー」が!

f:id:gqp:20170414092454p:plain

 

名鉄の公式ホームページ(https://www.mintetsu.or.jp/corporates/meitetsu/)を確認した所、2016年3月時点での駅数は275駅だそうです。

Amazonの検索で名鉄の駅名キーホルダーを表示した所、なぜか商品数が278件と増えてしまっているのですが、いくつか他の鉄道会社の駅が紛れているか新しく追加された駅があるのかもしれません。

しかしこうやって沢山の地元の駅が表示されると鉄道にあまり興味がなくてもついつい自分の知っている駅を探してしまいますね。

 

殆どの商品がAmazonプライムの対象商品となっていますが、名鉄の駅名キーホルダーでは「名古屋」以外の駅名キーホルダーの発送が1~2カ月先となっていました。

 

f:id:gqp:20170414093116p:plain

 

 

価格はどの駅も一律540円(税込み)であり、高いとも安いとも言えない値段ですね。

しかし気になる点は、この駅名キーホルダーが鉄道会社の許可を取った商品かどうかという点です。

もしこの商品は本当に各鉄道会社に許可をとった商品なら、540円という値段は妥当なもののように思われます。

簡単に模造品が作られてしまいそうなキーホルダーですし、駅名キーホルダーの販売元が気になってきました。

 

駅名キーホルダーは各鉄道会社認定の商品

 

駅名キーホルダーの販売会社が気になってきた所でもう一度商品ページをよく見てみると、きちんとこの商品が鉄道会社公認のものであるということが記載されていました。

 

f:id:gqp:20170414093612p:plain

 

きちんと名古屋鉄道の許可を得て販売している商品なら540円という値段も安く思えてきました。

鉄道にあまり思い入れのない記事作成者でも、地元の駅のキーホルダーを一つ購入してもいいかな...と思えてきます。

 

しかし次に気になる点はこの「駅名キーホルダー」を販売している「赤い電車」という会社です。

一体どのような会社で、どのような経緯をもってこの駅名キーホルダーを販売するに至ったのでしょうか。

 

株式会社『赤い電車』の正体を調べる

f:id:gqp:20170414094022p:plain

株式会社赤い電車ホームページ

 

Amazonから「駅名キーホルダー」の販売元である株式会社『赤い電車』の公式サイトに移動したところ、なんだか一昔前のインターネットを想起させるデザインのサイトが表示されました。

そして目を引くイメージキャラクターも表示されています。

 

f:id:gqp:20170414094212p:plain

 

かわいい。

株式会社「赤い電車」のサイトへの訪問者はおそらく鉄道グッズを求めてやって来ていると思うのですが、こういった美少女キャラクターが画面に表示されているだけで何だか華やかになりますね。

美少女と電車のシナジーはどの程度あるのか、というかこのキャラクターに名前はあるのか...一体どんな話し合いの末このキャラクターをサイトに載せることにしたのか...などなど何だか気になってしまいます。

 

株式会社『赤い電車』について 

ここで株式会社『赤い電車』がどういった会社なのかを簡単にまとめておきます。

赤い電車』トップページから分かる通り、『赤い電車』は平成8年から鉄道オリジナルグッズを販売している会社です。

元々は昭和63年から軽食喫茶として経営していたそうですが、途中から完璧に鉄道グッズの販売に切り替えています。

 

鉄道グッズを作成する主要取引先が『赤い電車』公式サイトに掲載されていました。

 

 

f:id:gqp:20170414095018p:plain

 

鉄道会社の一覧を見るだけでも、日本にあるかなりの鉄道会社をカバーしていることが分かります。

全くの無知の状態から『赤い電車』について調べ始めましたが、『赤い電車』という会社はかなり長い間多くの人に愛されているようでした。

株式会社『赤い電車』には公式Twitterも用意されていました。

twitter.com

 

f:id:gqp:20170414095344p:plain

 

公式Twitterで使用されている画像もかわいい。

 

おそらく上の駅員の格好をした女の子と同じキャラクターだと思うのですが、なんだか画力が上昇している気がします。

 

 この『赤い電車』のイメージキャラクター、名前は思川結(おもいがわ ゆい)というそうです。

公式Twitterを見ると多くのイベントに参加していることが分かります。

 

駅名キーホルダーの販売価格は『赤い電車』公式サイトでは500円

f:id:gqp:20170414095817p:plain

 

なんだか『赤い電車』公式キャラクターにのみ注目してしまっていましたが、肝心の駅名キーホルダーは公式サイトでの販売価格がAmazonの540円よりも若干安い500円でした。

しかし税別500円であることと送料がかかる点から、Amazonで購入したほうがお得ですね。

 

おわりに

赤い電車』では駅名キーホルダーの他にも様々な商品を販売しているようです。

鉄道に興味のある方は既にチェック済みかと思いますが、鉄道にそれほど興味の無かった方も見てみると面白いですよ。

 

株式会社赤い電車ホームページ