今日Amazonから届いたもの

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日Amazonから届いたもの

Amazonで買った商品を紹介しています。紹介しなかったりもします。

朝起きて口が開かない。いま『口角炎』がつらすぎる話

2017年4月4日: 追記。

2017年4月5日: 追記。

口角炎とつきあう辛すぎる日々

口角炎ほんとうにつらい。

まさかこんなにつらい病気があるとは思わなかった。

今までの人生で一度も不都合の怒らなかった「口」がまともに機能しなくなるだけでなく、見た目もかなりグロテスクになる。

おかげで外に出るときはマスクが必須になった。誰かと食事に行くことも今は出来ない。

 

口角炎患者の朝は早い。

浅い眠りの中、口元の違和感が積もり積もって嫌な気分で起床をすると口が開かない。

子供の頃比喩で何度も聞いた「口チャック」を実際に経験してしまう毎朝だ。

口の上下にかなり力をいれたり、横に少しずつずらして口を開けようとすると激痛が走る。

やっとのおもいで口が開く。好き好んで口を開けている訳ではなく、口を開けないとご飯を食べることができないためだ。

もちろんご飯を食べる際も、スプーンなどを口に入れるために口角炎によってくっついた口を更に強引に広げる必要に迫られる。

じゃあ何も食べなければいいじゃないかといつも思うが、口角炎は栄養が足りないために発症することもある為食生活は崩せない。

口角炎は口の開閉を許さないばかりでなく、口角にかさぶたとしてその存在感を主張し続ける。

口の左右に米粒が常についている様な異物感が一日中つきまとうのだ。

取れそうで取れない、口を開こうにもかさぶたがそれを制限する。

口角炎になった身からすれば、DIR EN GREYのゾンビメイクの様に口角が制限されている感じがする。

 

f:id:gqp:20170403175204j:plain

(もうDIFFERENT SENSE発売から何年経つんだろう...)

 

口角炎ってなに?

ここまで読んで「口角炎」ってなに?と思ったとしても、Googleで画像検索をしてはいけない。

口元がひび割れた、少々グロテスクな画像が沢山表示されてしまう。テロだ。

自分は「他の人の症状はどんな感じなんだ...?」と思い検索したが、どれも軽微なものに見えてしまった。それほどまでに自分の口角炎は悪化している。

 

こうして記事にした以上、口角炎について説明したい気持ちは山々だが正直自分もまだ口角炎のことをよく知らない。

なにしろ今自分の口元をかき乱している「口角炎」という名前すらつい最近知ったからだ。

 

口元に出来たニキビをいつの間にか潰してしまい、かさぶたにでもなったのかなと思ったのが発端だった。

消えるどころか存在感を増し、ある日起きたら口が開かなかった。

明確に症状を自覚してすぐに医者に行くことをしなかった自分に落ち度があることは間違いないが、なんとなく「ま、放置してれば治るっしょ!」と思ってしまったのだ。本当にアホだ。

口が開かない絶望の起床初体験を迎えてようやくいよいよこれは何だかおかしいぞ、と思いGoogleで「口 開かない」と検索した所「顎関節症」に関連したページが山の様に表示された。「は?」

 

インターネットが一般に普及した今、「口 開かない」で検索すれば自分と同じ症状について取り扱ったページが表示されると確信していた為ここで少しある疑念が浮かんでしまった。

「やっぱり、この症状はただの擦り傷の悪化なのかな...」と思い再び様子を見ること数日。

当然ますます状態は悪化し、いよいよこれはダメだと思い「唇 開かない」で検索し直してようやく「口角炎」という単語に出会うことができた。

 

f:id:gqp:20170403180554p:plain

 

 

 自分の症状にぴったりだ。

ただこのタイトルなら「口 開かない」で表示されてもおかしくないと思ったが、「口角炎」は「顎関節症」に比べたらやはりマイナーということか。

 

ようやく症状の名前が分かったので薬局へ行き、薬剤師さんに口角炎の薬を紹介して頂き今に至る。

ネットの治療法を当てにするのは情報リテラシー的に危険すぎるが病院に行く時間はない...という場合に薬局はすこぶる便利である。

ちなみに紹介して頂いた口角炎の薬は次の『【第3類医薬品】メンソレータム メディカルリップb 8.5g』である。

 

【第3類医薬品】メンソレータム メディカルリップb 8.5g

【第3類医薬品】メンソレータム メディカルリップb 8.5g

 

 Amazonのページで価格を確認して知ったけど、Amazonプライム対象で673円なのか...。

薬局で購入した値段は700円+αだったので、次回以降はAmazonで購入しよう。

ちなみにこの商品はチューブ型のものも発売されている。

薬局で薬剤師さんと「(チューブ型とカップ型を比べて)何が違うんですかね...?」「...成分は一緒ですね...」「容器が違うだけですかね...?」「...多分...」という何だかフワフワした会話をした。

 

帰宅後真っ先に唇に塗布し、今この記事を作成している。

数日間で憎き「口角炎」が完治する様期待して、しばらくこの薬を塗り続けることにする。

 

なおビタミンBが口角炎に効くそうなので、食生活に気を配りながら一応サプリも購入した。

 

DHC ビタミンBミックス 60日分 120粒

DHC ビタミンBミックス 60日分 120粒

 

 どれほどの効果があるかわからないが、とりあえず朝昼晩の3回メンソレータム塗布+1日4錠ビタミンBサプリ摂取という感じで治していこうと思う。

進展があり次第また記事としてまとめる。願わくば自分と同じような症状の人に病名が届くよう...。

 

2017年4月4日 追記分 「口角炎、少し改善」

 昨日(2017年4月3日)の午後6時頃にメンソレータムを塗布しブログを更新し、食事をして入浴、入浴後に再びメンソレータムを塗布・ビタミンBサプリを四錠飲み眠った。

 

そして翌日の今日起きたら何と!口が開く!

今までように上唇と下唇が合体していなかった。口角は若干くっついてしまっているが、今までの朝と比べたら圧倒的に改善されている。

グロテスクだった口角部分の傷は少しマシになり、とりあえず洗顔後に再びメンソレータムを塗布しマスクを付けこの記事を作成している。

 

ネットで「口角炎」で検索した際に「3日で治る〜」とかいう胡散臭いサイトが表示された。

まだメンソレータムやビタミンB剤など具体的な治癒方法を試していなかった当時は「こんな上手い話があるか」と思ってしまっていたが、もしかしたら本当に3日で治るかもしれない。嬉しい。

 

今日も昼・夜にメンソレータムを塗り、マスクをつけて眠ろうと思う。また症状が改善されたら更新する。

 

2017年4月5日 追記分 「・・・?」

昨日朝昼晩の3回メンソレータムを塗り、ビタミンBサプリを四錠飲んで就寝した。

起きた際に口角に感じる不快感(口角に大きなかさぶたがついている感じ)は消えない。

口は開くが、大きく開こうとすると口角炎特有の切れた様な痛みがある。

 

正直昨日と比べてあまり改善された印象はない。