読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日Amazonから届いたもの

Amazonで買った商品を紹介しています

【画像】『GANTZ:O BD豪華版』がAmazonから届いた!前編 商品の概要など

Amazon 日本郵便 GANTZ:O ガンツ ヤングジャンプ Blu-ray 円盤 映画

 

はじめに

GANTZ(ガンツ)』。「週刊少年ヤングジャンプ」上で2000年から2013年まで連載しコミックスの累計発行部数は2,100万部。

作者の奥浩哉先生自身が同作品を「3D漫画」と称するように、一般的な漫画とは違い作画にグラフィックソフトが用いられています。

コミックス1巻で「GANTZ(ガンツ)」作画の過程が紹介されていますが、背景に対する人物の縮尺や物語上で登場する「星人」や「武器」の大きさが絵として正しく表現されるよう様々な工夫が施されているのです。

2011年1月29日と4月23日には二宮和也松山ケンイチ主演の実写映画が公開されたことで広く『GANTZ』が話題になりましたね。

連載時にも非常に大きな反響を及ぼしていた『GANTZ』ですが、2004年から現在に至るまでの『GANZT(ガンツ)』の話題性をGoogleトレンドで確認すると次のようになっています。

映画公開時と金曜ロードSHOWで映画が公開された時の盛り上がりはネットでも大きかったようで、連載終了の2013年6月とは全く異なるものとなっています。

一見すると原作の漫画はあまり話題にならず、嵐主演の映画だけが盛り上がったようにも感じられますが2016年の10月にも『GANTZ』の新しい映画『GANTZ:O(ガンツ:オー)』が公開されていたのです。

Googleトレンド上でもあまり大きな山にはなっていませんが、フル3DCGを用いて長い製作期間の末完成した『GANTZ:O』はまさに「3D漫画」の映像化とも言える非常に完成度の高い映画でした。

そして2016年10月14日の公開から4ヶ月後の2017年2月22日についに『GANTZ:O』のBlu-ray&DVDが発売されました。本記事(前編)では『GANTZ:OBlu-ray豪華版の仕様について紹介し、後編で3DCGを用いた同作の魅力についてご紹介します。

 

GANTZ:O Blu-ray 豪華版

GANTZ:O Blu-ray 豪華版

 

Amazonでの『GANTZ:O』注文から発送まで

GANTZ:O

GANTZ:O』公式サイト上で映像化の告知がされた2016年11月11日から9日後の2016年11月20日にAmazonで同商品のBlu-ray豪華版を予約しました。

GANTZ:O』の映像化商品は「Blu-ray豪華版」、「Blu-ray通常版」、「DVD通常版」の3パターンで販売されており、それぞれの値段が8,800円、5,800円、4,800円(税抜き)となっています。また「Blu-ray豪華版」には一部の販売店舗において特典付きの商品が販売されており、特典付きで購入したい場合は公式サイト上で各店舗における特典を確認してから購入することができます。

gantzo.jp

もちろんAmazonでも特典付きの『GANTZ:O Blu-ray豪華版』が販売されていましたが、Amazonでは特典のないBlu-ray豪華版も販売されており、そちらの方が値段が安くなっていました。

これはAmazonにおいて特典付きの商品が販売される際によくあることなのですが、特典付きの商品は値引きがされず、特典なしの商品は大幅な値引きをされた上で販売されていることが多々あります。

今回購入した『GANTZ:O』のBlu-ray豪華版も特典なしの商品が定価の8,800円(+税)であるのに対し、特典なしの場合は7,068円(税込み)であったため特典なしの商品を購入しました。

またAmazonでは予約時の価格保証として、予約後に値段が上がっても予約時の値段で商品を購入出来るようになっています。

GANTZ:OBlu-ray豪華版は7,068円(税込み)でAmazonでの取扱が始まりましたが、発売前に多少の値上がりがあったようです。

GANTZ:O

また現在(2017年3月6日)においてはAmazon上での『GANTZ:OBlu-ray豪華版の在庫もなくなったようで、少しずつ値段が上がっています。

GANTZ:O

Amazonでの特典(A3ポスター)付きのBlu-ray豪華版も売り切れになったようで、発売前は定価で予約が出来た同商品の値段は13,800円まで上昇しています。

GANTZ:O

発売後に需要が集中することは人気商品によくあることなので、やはり確実に定価以下で購入したい場合はAmazonで発売日前に予約することがベストですね。送料無料で発売日に受け取ることもできますし、とても便利です。

 

Amazonから届いた『GANTZ:OBlu-ray豪華版の状態

GANTZ:OBlu-ray豪華版は発売日の2017年2月22日に到着するよう発送されましたが受け取ることが出来ず、3月2日に受け取ることができました。

Amazonでコミックスを購入するとクロネコヤマトではなく日本郵便で発送されますが、今回の『GANTZ:OBlu-ray日本郵便での発送です。

しかしコミックスと違い受取人の確認が必要だったらしく、宅急便同様受取人本人が在宅している必要がありました。

商品の梱包に用いられている紙袋はコミックスに用いられているものより一回り程度大きいものです。

GANTZ:O

内部の状態はコミックスと同様で、緩衝材が使用されています。

GANTZ:OBlu-ray豪華版の大きさは一般的なBlu-rayのパッケージと同様のもので、ロケット団ピカチュウぬいぐるみと比較すると次の様になります。

GANTZ:O

Blu-ray豪華版とはいえディスク枚数は1枚なのでパッケージは場所を取るサイズではなく、収納スペースに困ることはありません。

ちなみに『GANTZ:OBlu-ray豪華版の仕様は次の様になっています。

仕様:本編約96分+特典映像約45分/

本編ディスク:2層(BD50G)、特典ディスク:1層(BD25G)/1080p High Definition(映像特典内一部60i)/MPEG-4 AVC/16:9ワイドスクリーン/ 本編ディスク:日本語5.1ch DTS-HD Master Audio/日本語2.0ch リニアPCM、特典ディスク:日本語2.0ch リニアPCM 三方背BOX&デジパック Blu-ray2枚組

【映像特典】

●特報/特報「サバイバル」編/本予告

●Music Video<ドレスコーズ「人間ビデオ」/ドレスコーズ「2MC&3次元」(「GANTZ:O」キャラクターソング)> ●原作者<奥 浩哉>インタビュー

●監督<川村 泰>インタビュー&メイキング 【封入特典】

●特製ブックレット

http://gantzo.jp/bluray/

GANTZ:O

パッケージは本作の主人公である「加藤勝」の転送途中の様子です。人物の部分には実際に触るとザラザラとした加工が施されています。

中身を確認してみましょう。

GANTZ:O

2枚のBlu-rayディスクが収録されているデジパックには『GANTZ:O』に登場する妖怪の名前が複数載っています。同作のホームページが赤を基調にしたデザインでしたが、デジパックも同様です。画像の右側に置かれている冊子がブックレットです。

GANTZ:O

デジパックの内側はガンツの黒球をデザインしたものになっていました。

こうしてみるとBlu-rayディスク自体がガンツの珠のようにも見えます。

GANTZ:OBlu-ray豪華版の商品の概要は以上の通りで、後日更新予定のブログ後編で『GANTZ:O』の魅力についてご紹介する予定です。

おわりに

2016年は「君の名は」や「シンゴジラ」、「この世界の片隅に」「聲の形」など多くの映画がヒットした年でした。

特に「君の名は」の反響は凄まじいもので、公開から半年が経過した2017年3月でも劇場で公開していることを考えると近年稀に見る大ヒットと言っても過言ではないでしょう。

最近では「シンゴジラ」は日本アカデミー賞で7冠をとり、「この世界の片隅に」は最優秀アニメーション作品賞を受賞しましたね。

GANTZ:O』はそういった何か大きな賞を受賞した訳ではありませんが、個人的に実際に劇場で観てかなり満足した映画でした。

<p">Blu-rayが届きもう一度じっくり見返した結果、記事にしてまとめておきたい点も多々あったので後編はそういった『GANTZ:O』の魅力をご紹介したいと思います。