今日Amazonから届いたもの

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

【無料】「Canva」でブログのヘッダー画像を作ってみた! 誰でも簡単にオシャレなデザインが出来るぞ!!

はじめに

f:id:gqp:20170525185435j:plain

皆さんこんにちは、頭巾です。

皆さんはKDDIが「Canva」というクラウドサービスの日本語版の提供を始めたというニュースを知っていますか?

japan.cnet.com

上の記事タイトルにもあるように「Canva」の魅力は何と言っても"無料“である点です。

ブラウザ上で簡単に画像を作成することのできるサービスは他にも多数ありますが、上の記事で「日本のデザインを変えたい」と発言されている様にその気合の入りっぷりは目を見張るものがあります。

「そんなに自信満々に発表するのなら、折角だから未設定だったブログのヘッダー画像を作ってみよう!」と思い立ち、早速作ってみました。

本記事では「Canva」ではてなブログのヘッダー画像を作る方法をご紹介します。

続きを読む

なぜラジオ番組のCMはつまらないのか? ラジオ歴10年の頭巾が考えた3つの理由

はじめに

先に断っておきます。ラジオ番組のCMを面白いと思っている方や当記事のタイトルで不愉快な思いをした方はこの記事を読まないでください。

今回の記事で述べるのはあくまで超個人的な意見です。

予防線はここまでで良いとして、本題に入ります。

ラジオ番組のCMがつまらない。面白い番組は多いのに、合間に入るCMが尽くつまらない。

ここでいう"つまらない"という表現は、"楽しんで番組を聴いている気分が削がれる" “興冷めする” “新鮮味に欠ける"といったニュアンスを含みます。

テレビ番組のCMはクオリティが上昇していると感じるものが増えている一方、ラジオ番組のCMはずっと"つまらない"ままなのです。

なぜラジオ番組のCMはつまらないのか?自明なものばかりですが、ラジオを聞き続けて早10年の頭巾(僕)が考えた理由をまとめました。

ちなみに僕が頻繁に聴いているラジオ番組はTBSラジオ深夜帯の「JUNK」枠です。

他にも色々な曲のラジオを聴きますが、どの局のCMも総じてつまらないと思っています。もし"つまらなく"ないCMを知っている方がいたら教えてください。

続きを読む

ブログを書こうとして自分がまだ何も知らないということを知った

アイデンティティー」がない

アーイデンティティーがーなああいあーあい 生まーれーなーい、ララララ〜♪

ラ〜⋯⋯。

皆さんこんにちは。頭巾です。

PVを多く稼ぐことのできるブログ運営方法は、先人たちが主張する様々な意見をまとめると次の2つに分類される様です。

  1. とにかく記事を量産し続ける(質より量)

  2. 長いスパンで多くの検索流入が見込める記事の作成に全力を注ぐ(量より質)

結局「ブログ運営」などといって事を大袈裟に扱おうとしたところで、ブログで実行できることは「記事の更新」に集約されます。

なのでその「記事」をどのように作成するかでブログの認知度や価値が決まることは当然ですね。

「質より量」をとるか、「量より質」をとるか。

個人的な考えを先に述べておくと、僕は「量より質」派です。

今までに作成した記事が「質より量」的であることはさておき、コンテンツが溢れかえっているネット上に個人が作成した記事を流すわけですから、情報の濁流の中で価値を持つ「質重視」の記事を更新した方が賢いと思います。

しかし「量より質」の立場をとるためにはある条件が必要になります。

それは「質の高い記事、価値のある記事を作成できるだけの知識・能力を備えているか」ということですね。

今回の記事では今までのことを考えた結果、自分にはその条件を満たすことができるような価値がなかった、詰まる所「他者とは違う個としての自分」を表現できない「アイデンティティー」が欠けている自分自身を見つけてしまったことを内省の意味を込めて文章でまとめました。

事の発端

元々「量より質」で記事を更新した方が良いと考えていた僕は、どういった記事が「はてな」において価値をもつのかを知るためはてなブログ人気エントリーを確認していました。

どれも人気を得るに相応しい価値のある記事ばかりでしたが、その中でも特に印象に残った記事が次の2つです。

www.omg-ox.org

www.ogura.blog

まず上の記事についてですが、正に「量より質」の見本と言えるような内容ですね。

OMGmagは月に数記事の更新しかしていないにも関わらず、群を抜いたアクセス数を記録しています。

質の高い記事を更新することはセルフブランディングに繋がり、結果として固定読者の獲得を促します。

「長いスパンで考えるなら、更新頻度が低くなっても質の高い記事のみを作成すべき」という考えがより一層強まりました。

下の記事も上とは違った視点から「記事数とPV数が比例するわけではない」という結論が印象付けられます。

今まで僕はこのブログを2日に1本、所要時間1時間で記事の更新をしていました。

PV数は右肩上がりですが当然記事の価値に見合うだけの数字なので、今後を考えもっと時間を掛けて記事の作成をしようと考えたわけですね。

「質の高い」記事を書こうとして自分と向き合った

僕は地方の国立大学で物理学の勉強をしています。

なので色々な物理分野の基礎知識でもまとめて記事にしようかな、と思ったのですが結局それが「価値」のある記事とは思えませんでした。

分かりやすく定理や概念を説明した所で、その教え方は自分が教わった際の手法と同じなんですね。

そもそも自分以上に上手な教え方をする人がネット上には沢山いるので、得意分野の記事もありふれた「質の高い」記事になりそうにはありません。

いやはやどうしたものかな…と考えていましたが、そもそもの原因は「知識と経験の不足」にあるのだろうなぁと思いました。

ごく僅かの教養と、経験に基づいていない薄い知識と経験に基づいたごく僅かな知識では当然「アイデンティティー」も何も無いわけです。

ここまで考えた結論

以上のことを考えていてブログの更新も滞っていた訳ですけど、今日改めて考えてみるとどうも落ち込み過ぎなようにも思えてきました。

いや結局どうなんですかね?

結構前から思ってることなんですけど、堂々と間違っている情報を発信できる人っていますよね。

ネットはそういった情報のたまり場とも言えますが、現実世界にもそういった厚顔無恥な行動に出ることが出来る人はいます。

そういう人達を見ていると「どうして客観的におかしいと思えないんだろう?」と考える訳ですが、一方でその視野の狭さが羨ましくもなりますね。

「憎まれっ子世にはばかる」という言葉を思い出すと、"世にはばかる"必要条件には意図するかしないかは別として"視野を狭く"することが含まれいるのではないかとも思えます。

……なんだか自分でも何を言いたいのか分からなくなってきました。

PVが欲しいばかりに色々考えた結果自分の無知を痛感して更新が滞るなんて、ブログを始めるまで考えもしませんでした。

これはこれで己を省みるいいきっかけになりましたね。

また明日になったら「なんて記事を更新してしまったんだ…削除しよ」と思うのかもしれませんが、自省の意を込めてとりあえずこの「質の低い」記事をネットの海に流しておこうと思います。

以上、「ブログを書こうとして自分がまだ何も知らないということを知った」でした。

ブログ神の本が届いたぞ!ARuFa著『超 暇つぶし図鑑』を読んだ感想(内容・魅力など)

はじめに

f:id:gqp:20170514202845j:plain

ARufaさんと言えばインターネットを日常的に利用する人なら誰しもが知っているといっても過言ではない超有名人物である。

arufa.hatenablog.jp

常人では思いつかない(思いついても実行しない)身体を張った奇行をまとめた記事は簡単にはマネの出来ない独創性溢れるものばかり。

Twitterでもその奇行は毎回数千〜数万RTされ、ARufaさんのファン通称"アルファン“が日本中に増加し続けている。

かくいう僕もARuFaさんの大ファン。一番好きなARuFaさんの記事は「部屋が暗いので「超強力ライト」を買ったら大変なことになった」という記事である。

srdk.rakuten.jp

……いやぁ、改めて見ても天才的

そんなARufaさんが2017年5月10日に『超 暇つぶし図鑑』という著書を発売するということを知り、早速Amazonで購入した。

『超 暇つぶし図鑑』内容紹介

f:id:gqp:20170515093236j:plain

Amazon『超 暇つぶし図鑑』商品ページ(http://amzn.asia/ftpahDD)では次の様に同書の内容が説明されている。

フォロワー28万人! ネット活動10年以上、孤高の天才ウェブライター、ARuFaがついに本を執筆! 退屈な時間に試したい、上級者向けの「暇つぶし」を写真とともに多数収録。「自宅を森に改装してみる」 「別府温泉に行き、あえてユニットバスに入る旅」「尻に顔を印刷して、フェイスマッサージを受けるとどうなる?」などなど、 厳選ネタは全編加筆&書き下ろしコラム盛り沢山! 抱腹絶倒まちがいなし、どんなときにも笑えて使える図鑑です。

僕は購入前にこの説明文の“厳選ネタは全編加筆&書き下ろしコラム盛り沢山!”という下りを読んで、

「既出記事数」と「書き下ろしコラム数」の比は「書き下ろしコラム数」が大半を占める

勘違いしていた。

つまり、ARuFaさんが今までに発表した面白い記事を書籍用に加筆したものは少数で、書き下ろしコラムが多いんだろうと思っていたのだ。

しかし実際は異なっていた。『超 暇つぶし図鑑』は

全71の暇つぶしと8のコラム

から構成されている。

各暇つぶしは2ページのものが大半を占め、4,6Pに渡っているものが一分あるといった感じ。

そしてそれら"暇つぶし"は過去にARuFaさんが執筆した記事の要約である。

書き下ろしコラムもそれぞれ1~4ページ程なので、ARuFaさんが作成した記事を全て読んでいる"アルファン"には「20ページ弱の書き下ろしコラム」以外に新鮮さはあまりない

とはいっても過去の記事を今の視点で要約しているARuFaさんの文章が冷静で逆に面白く、「元の記事+超 暇つぶし図鑑」でARuFaさんの活動を包括しているともいえる。

『超 暇つぶし図鑑』の魅力

f:id:gqp:20170515095904p:plain
(実際に購入してみてほしい&ネタバレ防止のためモザイク処理)

『超 暇つぶし図鑑』の魅力は何と言っても"オールカラー“である点。

上の内容紹介にはその点が一切触れられていないが、これはARuFaさんの今までの活動の魅力を伝えるには不可欠な点だと思う。

また書き下ろしコラムが当然面白い

同書の至る所にARuFaさんらしいネタが散りばめられていて、「暇つぶし」のページで新鮮さを感じなかった人も書き下ろしコラムで満足する…と思う。

というかここまでこの記事を作成して気づいたが、"今までARuFaさんのコンテンツを無料で楽しんでいた"ということに注意すべきなのかもしれない。

1,058円の『超 暇つぶし図鑑』にボリューム不足を感じた人は、今までにARuFaさんが提供してきたコンテンツを十分に楽しんできたということだ。

これからもARuFaさんはネット上で面白いコンテンツを(多分)提供し続けてきたのだから、お布施とでも思えばいい。

今までの(下らない)活動が一つの書籍として形になったこと事態が面白い。

逆にこの『超 暇つぶし図鑑』がARuFaさんに触れる初めてのきっかけになる人は、同書に1,058円を支払う価値が十分にあると思う。

読み終わった後に元の記事をネットで読めばより一層楽しめること間違い無しである。

まとめ

同書の特徴をまとめると次の様になっている。

・全71(各2~6ページ)の暇つぶし+8(各1~6ページ)の書き下ろしコラムで構成。
・文章量は少なめなのですぐ読める(個人的にゆっくり読んで2時間)
・オールカラーで今までの活動の総括といえる

そして結論としては「面白い」!。

f:id:gqp:20170515101239p:plain

発売からAmazonの「本 > 趣味・実用 > 雑学・クイズ」カテゴリでベストセラー1位をキープし続けている同書は現在(2017年5月15日)Amazonで品切れになっている。

このレビューが購入の際の参考になれば幸いだ。

以上、ブログ神の本が届いたぞ!ARuFa著『超 暇つぶし図鑑』を読んだ感想(内容・魅力など)」でした。

ポケモン『ナマコブシ』ぬいぐるみ発売決定!Amazonで確実に購入する方法まとめ

ついに「ナマコブシ」ぬいぐるみ発売決定!

f:id:gqp:20170513184909j:plain

ポケットモンスター「サン・ムーン」で新しく登場したポケモンナマコブシ」。

大の字の口(?)やトゲトゲの突起、黒とピンクの色合いが非常に可愛らしいポケモンです。

「サン・ムーン」のゲーム内で主人公に投げられたり、攻撃技を一切覚えないという特殊さから印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではそんなポケモンナマコブシ」のぬいぐるみをAmazon確実に購入する方法をご紹介します。

とっても可愛いナマコブシぬいぐるみ。沢山購入してゲーム同様"ナマコブシ投げ“をしたくなりますね。

ちなみに価格は1,500円。安い!公式の販売情報はこちらからチェックできます。

続きを読む

物理学を駆使してAmazonのダンボールを再利用する 第一話「iPadスタンド(ペンタブ台)」

はじめに

f:id:gqp:20170510230428p:plain

皆さんこんにちは、gqpです。

Amazonで商品を購入すると、書籍などの小さな商品を除いて殆どがダンボール」に詰められて発送されますよね。

頻繁にAmazonで買い物をしているとどんどん貯まっていくダンボール。

Amazonのロゴが印刷されたいい感じのサイズのものも多くありますが、毎回毎回捨てていました。

しかしある時突然思いつきました。そう。どうせ捨てるんだったら再活用すればいいのだ、と。

これは素晴らしい思いつきです。

Amazonを利用する人は世界中に多くいますが発送に使われるダンボールは捨ててしまっているはず。

そんなダンボールを再利用して便利なものが作れたのならきっと羨望の眼差しを集めること間違い無しです。己の天啓の如き着想に震えました。

落ち着きを取り戻して、Amazonダンボールで何を作れたら便利かを考え部屋を見渡して真っ先に思いついたものがiPadスタンド」です。

続きを読む

クレカ初心者が2年「Amazon Master Card」を使って感じた8つのメリット・デメリット

はじめに

f:id:gqp:20170508235702p:plain

皆さんこんにちは、頭巾です。

突然ですが、皆さんはAmazonで買い物をする際の支払い方法は何に設定していますか?

クレジットカードやコンビニ払い、代金引換、Amazonギフト券など沢山ある支払い方法ですが、僕はクレジットカードを作るまでずっと「コンビニ払い」Amazonでの買い物をしていました。

コンビニ払いは商品の発送を確認してからお金を払うことが出来るので、まだネットショッピングに不慣れだった頃はとても安心できる支払い方法だったんですね。

しかしAmazonの利用歴が長くなり、年を追う毎にAmazonを利用する頻度が増していくにつれコンビニ支払いも面倒に感じるようになりました。

それまでクレジットカードは1枚も作ったことがありませんでしたが、Amazonに特化したクレカAmazon Master Card」の存在を知ってからは「作ってみたい!」という気持ちが大きくなっていきました。

そして2015年に「Amazon Master Cardクラシック」を申し込み即発行、早いものでもう2年弱が経ちました。

Amazon Master Card」の有効期限は2年なので、そろそろ更新の手続きをする時期です。

更新をする前に、初めて作ったクレカ「Amazon Master Card」との2年を振り返りメリット・デメリットをまとめました。

Amazon Master Card」を作ろうか迷っている方の参考になれば幸いです。

続きを読む